2016年05月27日

またまた子猫の悲劇が・・・

CAO3002Z.jpg



        昨夕娘が、腰の骨が砕けた子猫の為に使い捨てカイロを取りに来ました。

        そして私がいつも行く動物病院での、診断結果を話して帰ったのです。


        すぐに、娘から電話が・・・

        「道路の真ん中でカラスに襲われている子猫がいて、抱き上げたけど動かない」と

        我が家に連れて来たのですけど、息はしていなかったです。


        「まだ温かい」と、娘は言います。

        「実家に来る時にはいなかったのに・・・数分しか経ってないのに・・・」と。

        カラスが子猫の足を咥えて、振り回していたそうです。


        道路には、血が流れていなかったとの事。

        子猫の身体にも血が無くて・・・・・

        お腹を空かしたガリガリの子猫の命が、1っ消えてしまいました。


        どうかどうか家猫も外猫にも、避妊・去勢をお願いします。

        可哀想な子猫が増えない事を、心から願います。

        そしてどうか、ゴミの様に捨てないで下さいね。


        今朝、火葬場に連れて行きました。

        そして動物霊園にお線香を。


        この場所には18匹の保護猫と家猫が3匹、母の猫が3匹

        そして猫を保護するまでに、一緒に暮していた犬が2匹眠っています。

        たくさんの仔達を見送りましたね。


        道路や駐車場で息絶えた猫達も、何匹連れて来た事でしょうか。

        この場所に、あまり縁を繋げたくはないのですが・・・・・


        手を差し伸べてもらえた子猫と、手を差し伸べてもらえなかった子猫

        違いは何なのでしょうか・・・・・




にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
     ランキングに登録しています。ポチっとクリックお願い致します。
     有難う御座いました。




          ご連絡はこちらへお願い致します。
                ↓
          http://form1.fc2.com/form/?id=931503




         mixiでシマネコ様が「地域猫ママの独り言」を応援下さっております。
                 ↓
        http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=40087400&comment_count=21&comm_id=2920

   













  



         




















        

        




        

        









        









        





        



        








        








        
        





        







        



        









        











        


        










        
posted by 地域猫ママ at 14:00| 大阪 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする