2008年11月08日

幸せの数。

CAVWJBDW.jpg


以前、ご支援を頂きました方から
カレンダーのお申し込みを頂きました。
そのメールに、近況の様子を書き添えて下さいました。

9月、生後すぐの仔猫を保護した時の事です。
その方も6月に、生後間なしの仔猫3匹を保護されたとの事でした。
ご自身が、子育てに四苦八苦されていらっしゃった様で
「大変でしょう」と、お優しいお言葉を頂きました。

そしてその方も9月に、生後一ヶ月半ぐらいの仔猫を保護されたとの事です。
目やにで顔はグシャグシャ、歩くとフラフラ、毛はボロボロ
すぐに病院へ連れて行って下さったそうです。

目は結膜炎、便には2種類の虫、毛のボロボロはカビ
レントゲンを撮ると、足に4ヵ所の骨折だったそうです。
フラフラになりながらでも、必死に歩いていたのですね。

また一つの命が、この方に助けられました。
この方と出会えなかったら、このにゃんこは・・・・・
考えただけでも、恐ろしくなります。
虐待か事故なのかわからないそうですが
「小さな身体で苦労したのだと思うと、とても辛いです」と、保護主様。

良かったね優しい人に出会えて、あなたはラッキーなにゃんこ。
ではアンラッキーなにゃんこは、どうなるの・・・・・
幸せの数、もっともっと増える事を心から願わずにはいられないですね。

写真のにゃんこは、8月に幸せになった仔です。
里親様からは、日に日に大きく育っていく姿を送って下さいます。
でも私には、この仔はこの時のまま。
ただ違うのは、この仔の周りに幸せの文字が飛び交っている事ですね。



『カレンダーのページを作成しましたので
    HPのトップから、お入り頂けましたら嬉しいです。
               お申し込み、宜しくお願い致します』


にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
ランキングに登録しています。ポチっとクリックお願い致します。
有難う御座いました。


 
悲鳴が聞こえますか・別館
クリックして頂けましたら、HPのトップにいきます。


posted by 地域猫ママ at 23:41| 大阪 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
すっかり寒くなってしまって…外の子たちはどうしているのでしょう?
少しでも暖かい場所を見つけられてるといいけれど。

カレンダー販売に関するリンクを貼らせていただきました。
その際画像もいただいてしまったのですが、大丈夫でしょうか?
私も後ほど申し込ませていただきますね〜^^
Posted by koro at 2008年11月09日 13:07
koro様

お久しぶりです。
いつも気にかけて下さって、有難う御座います。
カレンダーを紹介下さって助かります。

外猫達の寝床のダンボールは禁止されたのですが
これからもっと寒くなるのですから、こそっと置いてます。
中にはご支援頂きました、暖かいフリースを入れてますので
少しは、寒さも耐えられるのではと。
でもいつもの事ながら、墓地にいる仔達の寝床がなくて・・・
早く保護したいと、焦っております。

では、カレンダーのお申し込みをお待ちしていますね。
いつもご心配頂き有難う御座います。
Posted by 地域猫ママ at 2008年11月09日 20:03
こんばんは。
初めて書き込みさせて頂きます。
先日カレンダーを申し込みました者です。
(地域猫ママの下の名前は私の尊敬するひとに多い名前と同じなんです、と書いた者です(笑))

野良猫さんの数、昔に比べたら増えているのでしょうか?
それとも、減っているのでしょうか?

最近になって野良猫さんの保護に関心を持つようになった私ですが、避妊・去勢の料金がもっと安くなれば、野良猫の数がすごく減るのになぁ…と思います。

「最後まで面倒を見られないならエサをあげちゃダメ」と近所の方によく言われますが、エサをあげなきゃ死んでしまうし、誰かが気にかけてあげなければこの猫は…と思うと後先考えずに行動してしまいます。
結局、これ以上数を増やさないようにと手術に踏み切るのですが…。

「社会貢献のため野良猫の手術を低料金でやってます」、と大きな看板を挙げてくれる獣医さんが増えれば、野良猫って可哀そう…となんとなく感じているひとたちの背中を押してくれるのになぁ、と…。

日々少しずつですが、確実に数は減っていくと信じて、これからの寒い季節、近所の野良猫さんたちを見守っていこうと思っています。
Posted by 雷蔵 at 2008年11月10日 00:14
雷蔵様

カレンダーのお申し込み有難う御座いました。
野良猫の数・・・どうなのでしょう・・・
気にしだすと、目につきますし・・・・・
私も雷蔵様と同じ思いです。
痩せてお腹をすかして死んでいくのかと思うと
可哀想になって、ご飯をあげてしまいます。
本当にその通りですよね。
ボランティア獣医さんがもっと増えれば、
避妊去勢をして下さる方が増えますのにね。
そうすれば、野良猫は減っていくでしょうね。
でも安易に飼っている猫を捨てる人間がいますので・・・・
可哀想な野良猫が少なくなる様にと、祈るばかりです。
Posted by 地域猫ママ at 2008年11月10日 20:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック