2021年09月01日

元職場から保護した猫はナミちゃんで最後でした。

kuro16.jpg




       餌やりが禁止になった元職場から保護した猫は、ナナちゃんが最後でしたので

       本当なら保護部屋には、もう猫がいないはずなのですが

       その後も、ご近所の可哀想な猫達保護して・・・・・


       私には、思い描くストーリーがあったのですよ。


       35歳で夫と死別し、幼い二人の子供を必死で育て

       60歳で定年になれば、自分の為に生きたいと。


       43歳の時に転職をしました。

       その職場は墓地が併設されていて、沢山の猫がいたのです。

       餌やりさんがいたのですが、声を掛けたのが縁で私が配食する事に。


       40匹程いた猫達の避妊・去勢をして

       そして遺棄された子猫達を保護して、里親探しをしながらでも

       「定年になれば自分の時間を」そう思っていました。


       でも何年経っても猫数は減らなくて

       そして配食も禁止になり、悩んだ末に全ての猫達を我が家へ保護を。

       「定年後、自分の時間を過ごしたい」との夢は消えましたね。


       21年前に父がが亡くなり、我が家の近くに母を呼びました。

       母の世話と猫達の世話をしているうちに、もうすぐ後期高齢者に。


       母の世話は無くなりましたが、猫達の世話はまだもう少し。

       「60歳になったら」の夢は消えましたが

       もし今、世話をする猫達がいなくなったら

       私は毎日、どの様に過ごすのでしょうね。


       心配がなくなり時間の自由を得ても、きっと心は寂しいでしょう。

       だって今でもチーに会いたいと、頭がおかしくなるほど恋しいのですもの


       写真は、お外にいた時のナミちゃんです。

       良くこの場所に・・・遠くて分かり難い写真ですよね。





            ご連絡はこちらへお願い致します。
                ↓
          http://form1.fc2.com/form/?id=931503



           mixiでシマネコ様が「地域猫ママの独り言」を応援下さっております。
                 ↓
        http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=40087400&comment_count=21&comm_id=2920

   



           にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
     ランキングに登録しています。ポチっとクリックお願い致します。


           有難う御座いました。



        







       



posted by 地域猫ママ at 12:47| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする