2020年08月03日

手術したキャラメルちゃんのその後。

image1596427063.jpg




        保護主さんのご家族様全員に大切にされ、とても元気に過ごしているそうです

        尿管が切断されているから「大きな病院で手術を」と

        獣医さんから言われたそうなのですが

        オシッコは、ちゃんと出ているそうなのですね。


        それで大きな手術をした後で、また大きな手術は可哀想だと

        保護主様は、暫く様子をみられるそうです。

        だって獣医さんから「手術に耐えられるかどうか」なんて言われますと

        暫く様子を見たいと思いますよね。


        数年前の事ですが、その子猫ちゃんも車に轢かれたらしく

        下半身が動かない子猫を、娘の知人が保護したのでした。

        「下半身はこのまま動かないでしょう」と、獣医さんに言われたそうです。


        最初の頃は、先住猫ちゃんがママの様に排泄物の処理をしていたそうなのですね

        でもそのうち、這っていた子猫ちゃんが、先住猫ちゃんの真似でしようか

        トイレを使う様になったそうなのです。


        ママの愛でしょうか。

        その子猫ちゃんの下半身は動く様になったのですよ。

        奇跡ですよね。


        今回もまた、キャラメルちゃんに奇跡が起こるのではと

        私達は祈っております。

        保護主さんの愛が、神様に届きます様に。





            ご連絡はこちらへお願い致します。
                ↓
          http://form1.fc2.com/form/?id=931503



           mixiでシマネコ様が「地域猫ママの独り言」を応援下さっております。
                 ↓
        http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=40087400&comment_count=21&comm_id=2920

   



           にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
     ランキングに登録しています。ポチっとクリックお願い致します。


             有難う御座いました。



      





        
posted by 地域猫ママ at 14:14| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする