2020年01月13日

とても素敵なお話を♪

CAC5MRFJ.jpg




        昨年のタイムラインに投稿されていた記事なのですが、とても素敵なお話です。

        ずぶ濡れで足を引きずりながら、道路の真ん中を歩く犬に会われたそうです。


        このままでは轢かれると思い、その犬を抱きかかえご自分の車へ。

        そしてすぐ病院へ連れて行かれ、丁寧な処置をして頂いたそうです。

        それですのに、治療費は取られなかったそうなのですよ。


        保健所に連絡しても届け出がなかったそうで

        次に警察に電話をされたのですが、もし届け出がなければと不安な気持ちで
   
        いっぱいだったそうですが、特徴が一致する犬の届け出があったとの事で

        保護された方は、緊張の糸が切れて泣き出されたそうです。


        その犬は老犬で足もかなり弱って衰弱し、白内障で目もあまり見えない様子

        でも必死で、当たりの匂いを確認している姿を見ますと

        家に帰りたいのだと思い、必ず家族の元へ帰してあげたいと思われたそうです


        お連れすると、玄関先でリードを持ったお爺さんが待っていたそうなのです。

        ワンちゃんは、嬉しそうにお爺さんの元へ。

        19歳だそうで、それで遠くには行かないと思い近くばかり捜していたそうです。


        保護された方は、犬を心配してくれた友人に感謝し

        そして、無償で治療をして下さった獣医さんに感謝して

        今日の自分は決して孤独ではなかった事に、感謝されておられました。


        心優しい人に出会えたワンちゃんは、幸せでしたね。

        無事、愛して下さっている飼い主さんの元へ帰れたワンちゃんは幸せですね。

        その記事を読んで、その方の優しさに涙が零れましたね。


        私も13年前、雨に濡れて長い毛が汚れながらお店の中へ入る犬と出会いました。

        お店の方が警察に電話して捕まえに。
 
        その時、私と目が合ったのです「助けて」と、訴えられている様で。


        気になって、翌日警察署にフードを持って会いに行きました。

        フードを受け取って貰えず、そして会う事も許して貰えず

        期限が過ぎて、飼い主さんが現れなければ保健所行きだと知らされました。


        必死で里親様を捜したのですが「預かりなら」と、お申し出を下さった方の元へ

        警察署に迎えに行きました時、どろどろだっ毛が洗われ綺麗にブラッシングされて

        走って来る犬のフワフワの毛が金色に輝いている様に見え、とても印象的でした。

        大事にして頂いたのだと、嬉しかったですね。


        すぐに、お優しい里親様がみつかり10年幸せに暮らしました。

        当時7〜8歳との事で、3年前に老衰で神様の元へ。

        写真は、警察署から出て病院の前で撮ったリョウくんです。


        幸せになったワンちゃんやニャンコの話は嬉しいですよね。

        でも外でウロウロしている仔達が幸せになるのは、一部なのでしょうね。





             ご連絡はこちらへお願い致します。
                ↓
          http://form1.fc2.com/form/?id=931503



           mixiでシマネコ様が「地域猫ママの独り言」を応援下さっております。
                 ↓
        http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=40087400&comment_count=21&comm_id=2920

   



           にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
     ランキングに登録しています。ポチっとクリックお願い致します。

        有難う御座いました。








        


        
posted by 地域猫ママ at 15:21| 大阪 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする