2016年01月28日

レオくん、保護部屋暮らしが1年になりました。

CAIPQD2A.jpg



        42番目に保護部屋入りしたレオくんは、母が以前住んでいた団地にいた仔です。

        ベランダで、いつもご飯を待っていたそうです。

        そして時々部屋に入って、くつろいでいたそうですよ。


        母がホームへ入る事になり、ご飯をもらう事が出来ないので

        私が保護して、自宅へ連れて帰りました。

        とても人馴れしていて、おとなしい猫でしたので

        最初は飼い猫かもと、母は思ったそうなのですが

        怪我をしていたり、白い毛が凄く汚れたりしていたので野良だと・・・・・


        レオくんは、元は飼い猫だったのでしょうか。

        ですので、部屋の中へ入りたかったのでしょうね。

        人馴れしている猫がお外にいると、虐待されないかと心配しますね。

        団地から転居される時に、捨てて行かれる方もいて

        動物禁止の団地の中に、野良猫がたくさんいるのですね。


        母のホームへの行き帰りに、猫が良く走っている姿を見ます。

        寒いのに・・・ご飯は食べれているのかと心配しますね。

        事故に遭わないかとも気になります。


        1年経ってもおとなしいレオくんです。

        大食いですので、ますますプクプクになっています。

        おりこうでおとなしいレオくんなのですが、エンドを虐めるのですね。

        みんなから虐められても、じっと耐えているエンドです。


        レオを保護して1年ですので、母もホーム暮らしをして1年になります。

        父が亡くなって15年、母は一人暮らしをしていたのですが

        脚・腰、そして頭も弱くなって、それで一人暮らしが心配になりホームへと。


        1年過ぎますと、弱っていた脚・越・頭も更に弱くなって介護が必要となりました。

        母の入所しているホームはケアハウスで、自立出来る人達のホームなのですね。

        それでヘルパーさんと私とで、世話をしているのですが

        年末・年始の4日間はヘルパーさんがお休みで、私が朝・昼・夜と通いました。


        小さくなった母ですのに、母と同じ様に脚・腰の悪い私には重くて・・・・・

        私が寝込みますと母も猫も困りますので、介護施設への入所を考えています。

        それで今、色々な施設を訪問・見学させて頂いております。


        母にとって終の棲家になりますので、今の施設同様私が毎日自転車で通える距離で

        そして居心地の良い施設をと、探しております。


        猫達にとっては、我が家を居心地の良い終の棲家となります様

        色々工夫をして、今まで人間から愛されなかった分

        いっぱいいっぱい愛してあげたいと思っています。

        猫生の終わりを迎えます時、幸せだったと思える日々だといいのですが・・・・・


        写真は今日のレオくんです。

        相変わらず目が悪いですね。

        でもお薬を塗りますと、綺麗になるのですよ。




           にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
     ランキングに登録しています。ポチっとクリックお願い致します。
     有難う御座いました。




          ご連絡はこちらへお願い致します。
                ↓
          http://form1.fc2.com/form/?id=931503




         mixiでシマネコ様が「地域猫ママの独り言」を応援下さっております。
                 ↓
        http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=40087400&comment_count=21&comm_id=2920

   













  



         




















        

        

posted by 地域猫ママ at 15:12| 大阪 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする